FC2ブログ

喫茶ま・ろんど

TSFというやや特殊なジャンルのお話を書くのを主目的としたブログです。18禁ですのでご注意を。物語は全てフィクションですが、ノンフィクションだったら良いなぁと常に考えております。転載その他の二次利用を希望する方は、メールにてご相談ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

でっかくなっちゃった(※エロなしです)

「だから、なんで俺の体を貸さなきゃならんのだ」
 この台詞を言うのも何回目か。いい加減俺もイライラしてきた。そして、返ってくる返事も全く同じだ。
「だから何回も言ってるじゃない。隠し芸大会で手品をやるのに、男の体じゃなきゃ出来ないって」


 美幸もイライラしているのが口調から良く分かる。いい加減にしなさいよ、この分からずやが、とでも内心思っているのだろう
「そこだよ。何で男の体じゃなきゃ出来ないんだ?」
 ようやく俺は、正しい形で疑問をぶつける事が出来た。これでようやくこの押し問答も進展するか……?
「そりゃあ、男の体にしかないものがあるでしょう」
 なんだそれは。ヒゲか? それとも筋肉とか? いや、もしかして****の事か? どうにせよそれが手品に何の関係があるんだ。なんか嫌な予感がしてきたぞ。
「せっかくの爆笑ネタ、思い付いたからにはやるしかないでしょ? 『びっくりしてでっかくなっちゃった!』って」
 ………………。
 えーっと……。何処から突っ込んだらいいんだ……?
 もう俺は美幸の方を見ていない。頭を抱えながら、どう突っ込めば良いのか必死に頭を巡らせる。
「とりあえず、だ……。それは手品じゃない。二つ目に、それは相当に時代遅れだ。三つ目に、それはびっくりしても大きくならん。そして何より……確実に誰も爆笑せんわっ!」
 よし、言ってやったぞ。というか、三つ目の突っ込みは確実に余計だったな。ちょっと後悔……。
「別にそんなのどうでも良いのよ。もし失敗しても、恥をかくのはアンタなんだから。あたしは自分が思い付いたネタをやり遂げたいだけなの。良いからとっとと体貸しなさいよっ!」
 こいつ、確信犯か!? ってしまった。油断した! 意識が……。

 目を覚ましたのは24時間後。俺――つまり美幸は忘年会を欠席という形になった。
 元の体に戻った後、忘年会で何があったのかを確認すると、女子社員は誰も教えてくれなかった。
 それだけでも、あれを本当にやってしまったのだなあという事がなんとなく認識できた。
 しかし、ようやく親しい後輩から教えられた内容は、想像の斜め上を通り過ぎた上で三回半くらい捻りを加えた内容だった。
 「びっくりしてでっかくなっちゃった」は言わずもがな、「ほーら、こすればランプの精ならぬ男の精が出てくるよー」だとか、「さぁ、そんな鳩的な白いものを出すためにご協力くださる女性社員はおりませんか?」と、まだまだまだまだ……。
 部長以上のオヤジ社員にはバカ受けだったらしいが、それ以外の大多数には……。

 後に残ったのは、会社での「先輩、以外と度胸あるんですねw」という、良いのか悪いのか分からない評価だけだった。
「あ、そうそう。先輩、あのサイズで『でっかくなっちゃった』はないですよぉwww」
 ……会社、辞めるかな。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

思いついちゃったからって、そういうネタを実際にやりますか、美幸さん(笑

それにしても、俺と美幸の関係が気になります(ぇ

| URL | 2009-05-05(Tue)23:22 [編集]


コメントありがとうございます。
よもやこのSSにコメントがもらえるとはw

彼と美幸さんの関係は、中学時代にさかのぼります。
美幸さんの入れ替わりという特殊能力を知った彼は、
それを脅迫の材料に使い宿題その他を全部押し付けようとしたのですが、
逆に「お前と入れ替わって社会的に抹殺するぞ」と脅され、
それを機にずるずると付き合い、会社まで同じになりました。
ちなみに就職の際は、美幸さんが人事部長と入れ替わって、
二人とも採用させています。
これまでもさんざん振り回された彼は、一時的にはこうやって落ち込みますが、
割と早めに立ち直り、美幸さんの遊び道具にされてしまいます。

……という感じのを今考えてみましたがいかがでしょうか(ぇ

まろんど | URL | 2009-05-07(Thu)00:29 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。