FC2ブログ

喫茶ま・ろんど

TSFというやや特殊なジャンルのお話を書くのを主目的としたブログです。18禁ですのでご注意を。物語は全てフィクションですが、ノンフィクションだったら良いなぁと常に考えております。転載その他の二次利用を希望する方は、メールにてご相談ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

創作風

空が白むまでだらだらと時間を過ごす。
こんな時間まで起きていられるのは、次の日が休日だからだ。
一週間前にも似たような事をしでかしたが、その時は、急きょ出勤を命じられて大変な苦労をした。
その時は、パートさんの子供が怪我をしたとかで代理を頼みたいとのことだった。
正直なところ「またか」という印象だった。
理由は違えど二週に一回はこういった予定変更が舞い込んでくる。
子供という理由は、全く文句のつけることの出来ない強さがある。
そして、そのしわ寄せが、融通の利く――子供も予定もない人間――に集まるという訳だ。
とはいえ、今日に限ってはその心配は不要だ。
祝日。
会社そのものが休みなのだ。
だから呼ばれようがない。
おかげで、眠気が過ぎて頭痛に変わるまで起きている事が出来た。
限界まで起きていて、もう寝る事以外考えられなくなってから入る布団の柔らかさは極上だ。
目を閉じれば、ほとんど一瞬で眠りに入る事が出来た。
ただ、眠りに入る瞬間、
「今日、引っ越しするから手伝いに来い」
と、祝日に、社長の家の引っ越しを手伝わされた直属の上司が目の裏に浮かんだ。
スポンサーサイト
[PR]

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。