FC2ブログ

喫茶ま・ろんど

TSFというやや特殊なジャンルのお話を書くのを主目的としたブログです。18禁ですのでご注意を。物語は全てフィクションですが、ノンフィクションだったら良いなぁと常に考えております。転載その他の二次利用を希望する方は、メールにてご相談ください。

自業自得と墓穴掘り2

 啓介の手によって、部屋はあっという間に片付けられた。
 とは言っても、床に転がるゴミや本の山を部屋から押し出しただけだが。
 それでも、僅かの間に部屋の真ん中にぽっかりと空いた空間を作り出したのは、啓介の裸への情熱のたまものと言えるだろう。
 誠はそんな啓介の行動力に半ば呆れながらも、自分が脱がなきゃ収まらないのだろうなあ、と肩を落とした。
「まだ三十分、か……」
 あわよくば時間切れを待ちたかった誠だったが、時計を見て軽く絶望する。この状況で二時間半も粘れるわけがない、と。
 それならばいっそ開き直って、啓介を納得させた方が良いかもしれない。そう考えた誠は、意を決して啓介に裸をさらす事に決めた。

続きを読む

PageTop